新着情報/アトリエ・フランからのお知らせ

大阪中之島 中央公会堂 元館長のお話を聞く (06/22)

大学の同窓会の総会が中央公会堂で行われました。ここは平成14年9月に保存・再生工事が終わり、11月より使用が再開されたところです。
特別室での総会の後 今年の3月まで館長をしておられた谷清司氏にお話を伺い、館内を案内していただきました。

この特別室は、2008年にもし大阪でサミットがあった場合、会議は国際会議場ですが、晩餐会はここで開催されるだろうと言われています。中央公会堂の真正面から見た半円形のステンドグラスのあるルネッサンス様式のお部屋です。日本書紀から題材をとった油彩の天井画があります。
ココは中集会室。ダンスホールにもできるそうです。以前は食堂として使用されていて、食を題材とした絵で壁の装飾がされていました。


これは地下にある免震装置。2000㎡に対し、8ヶ所設けているそうです。阪神淡路大震災の時の最大の揺れが45cmだったそうですがこの装置は70cmの揺れにも対応するんだそうです。保存工事の前は長さ約3.6mの松杭が約4000本埋められていたそうです。
その他、あらゆる所で以前のものを部分的に残しながら再生工事されていて、大変興味深く見学しました。
工事費は約100億円。
この日は平日でしたが、貸し会議室の使用は満杯。
『市民に親しまれる重要文化財』に生まれ変わっていました。


ヤマギワ照明 新製品発表会 (06/09)

ヤマギワ照明新製品発表会『YAMAGIWA NEW LIGHTING 2006』に行ってきました。
第1会場はインテリア館の1階。
第2会場は照明館の1階。
第3会場はインテリア館の2階。   と3つの会場で開催されました。
照明館では北欧テイスト照明、家具 ルイスポールセン他。イタリアンテイスト リンブルグ、オフィス&テクニカル フランク・ロイド・ライト、フリッツ・ハンセン。
インテリア館ではイタリアを代表するモダンファニチュアブランドの「MOROSO」の展示も同時開催されていました。
あいにく写真撮影は禁止されていて、唯一許可されていたのがココ。第3会場です。


展示の仕方も美しい〜。


リリカラカーテン 新作発表会 (06/08)

昨日、リリカラカーテン「FD」の新作発表会に行きました。ここ数ヶ月はインテリアの新作発表会が次々開催されます。
セミナーにはかなり遅刻しましたが、新見本帳の説明には間に合いました。注目は「MーFRONT」シリーズ。都市型ライフステージをテーマに高層マンションに住まうことを意識した洗練されたコレクションでした。
この写真は「クラシック」タイプとして展示されていたものです。流行のスタンド型のシャンデリアもしっかり置かれていました。


安藤忠雄さんの講演と作品 (06/06)

先週の土曜日、神戸のロックフィールドというお惣菜の会社のフォーラムに参加しました。[R F/1」、「地球家族」、「神戸コロッケ」などの会社です。その会社は、社屋や従業員のための保育室のデザインはなんと『安藤忠雄』さん。
最近、保育室を開設され、見学会、基調講演、『子どもたちに夢を』というフォーラムを開催されました。


「元気の木・保育室」というネーミング。後ろに見えるのがモダンでカラフルな遊具。その後ろが社屋。社屋も素晴らしく、社長が「社員食堂は一番良いところに配置すべき」というお考えでその通りの環境でした。

保育室の片側は全面ガラス貼りで、フラットにテラス、芝生へと続きます。

基調講演の後の『子どもたちに夢を』のフォーラムの様子。神戸市長、ロックフィールドの社長はじめ、豪華な面々。コーディネーターが安藤忠雄さん。約300名が出席しました。建築関係の人達の参加も多かったらしいです。私は生の安藤忠雄さんを拝見できて感激でした。


6月です♪ 夏を楽しむために! (06/01)

今日から6月♪  そう・・・初夏  夏の始まりです。
私の誕生日は8月で、夏生まれのせいか、夏は大好きです。
暑がりですし、日焼けも怖いですが、夏が来るとワクワクします。
『夏休み・・・避暑・・・お盆・・・トロピカル・・・』 って言葉を聞くだけで嬉しいんです。
我が家はマンションの最上階なので、少しだけ広いルーフバルコニーがついてます。夏が近づくと、直径1mのガラステーブルにパラソルをさして、『外』を楽しむ準備をします。
最近は白や紺色などのおしゃれなパラソルも売られているみたいですが、私のはかなり前に安い値段で買いました。いなかの海水浴場みたいでけっこう気に入っています。


初夏は友人をランチに招いたり、仕事のあとは夕方ひとりで雑誌を読んだり、紅茶を飲んだりして、毎日とても大事な癒しの時間を楽しみます。気分転換のためにココナッツとマンゴの香りのオーデコロンをつけたりもします。盛夏の夜は小さな照明をつけて、たっぷり3ヶ月、夏を満喫します。
ガーデニングはまだ初心者のレベルですが、なんとかきれいに咲いてくれています。赤のゼラニュウムと紫と白のペチュニアは、親しくしている園芸店の人に教わって手入れしています。トネリコの木も新芽を出して元気です。
今年もいい夏を過ごせますように♪


セレブの集まり 『メルシーコンサート』 (05/27)

若い頃、声楽とピアノを習っていました。その恩師が7年前から毎年5月にコンサートを開催され、いつも招待してくださいます。題して『メルシーコンサート』。会場は「大阪倶楽部」です。ここは大正時代の由緒ある建物で、今は関西財界人だけが立ち入りを許される会員制の倶楽部です。


その恩師はもう80歳近いご高齢ですが、やはりその声量はとてつもなく、毎回感動をよびます。百数十名が招待され、途中、歌唱指導をしていただきながらみんなで歌います。この写真は歌唱指導されているところです。

うしろに写っている伴奏のピアニストは昨年JRの事故に合われ欠席されましたが、今年は元気な顔を見せてくださり、当時のお話をしてくださいました。あらためて生きている喜びを感じました。
ティータイムをはさんで、第2部は情熱的な衣装に着変えられて「カルメン」など披露して下さり、拍手喝采のうちにお開きとなりました。

そのあと賑やかな懇親パーティがあり、ステキなご馳走をいただきました。招待客の間を先生とスタッフが挨拶に回られ、その物腰の優雅なこと。年に1度のとても上品で華やかでなごやかな時間をすごしました。


『月桂冠』の日本酒セミナー (05/20)

いつもお世話になっている住江織物さん主催の日本酒セミナーに行きました。私はお酒はあまり強くないのですが「スパークリング清酒」というのもあるんですよ、と聞いて飲んでみたいと思いました。
一番左の2本がそれ。写真では見えませんが「ジパング」という名前です。ほんのり甘くスパークリングワインのような味でした。


利き酒用のカップと説明書き。

お酒の造り方や、4種類のそれぞれの違い、お酒と健康の関係など盛りだくさんのお話がありました。帰りにはお酒から作った浴用剤と洗顔石鹸、お酒をいただきました。最近は化粧品にも力を入れているそうです。

利き酒は、愛好家でもない私でも違いがはっきりわかり、楽しい経験でした。


京都・二条城の障壁画 模写室の見学 (05/18)

日本色彩学会のイベントで、二条城の復元模写室の特別見学会に参加しました。
ここは一般には公開されていないそうです。
模写室の入口


内部の一部

左の2枚の障壁画の作業中でした。実際に模写しておられる女性が説明してくれました。最初はオリジナルの上に半透明の紙をおき、写していきます。今度はその紙の下にカーボンみたいなのを敷いて新しい紙に写し、後はそれをなぞって描いていくそうです。気の遠くなるような作業です。
これは将軍の寝所(居間)である「白書院」の障壁画だそうです。

右側の方の模写。横長の板を作品の上に渡し、その上に乗って描いていくそうです。

これは色の説明をされているところ。
左手のは青色の群青(ぐんじょう)、右手のは緑色の緑青(ろくしょう)。容器に入っているのはそれぞれを粉にしたもの。古びた色を出すには、すこし熱をかけるそうです。それで濃くなったものと混ぜ合わせて新しい色を作っていくそうです。

こんな鉱物です。

京都市から1035点の依頼があり、30年をメドにということだったのですが、30年で半分も出来なかったとのことでした。模写した人は裏に記名するそうです。
棚に並べられていた絵の具(粉末)。どれも明るく澄んだ色です。

二条城は国宝ですが、障壁画は重要文化財だそうです。今回は貴重な体験ができました。こんなにも細密な作業のもとに文化財が保存されているんだと知り、感動しました。
このあと、収蔵館〜二条城と見学しました。たくさんの修学旅行、社会見学の子どもたちに出会いました。「将来はあなたたちが頑張って保存していってね」と心の中でひそかにお願いしました。


母の日に思う (05/14)

月に1回 神戸まで出かけて『絵本』のセミナーを受けています。受講生は、ボランティアで絵本の読み聞かせをしている人、子育て中の人、ただ絵本が好きな人、孫に読み聞かせをしたいと思っている人などで10名足らずのクラスです。
前回は、受講生がそれぞれお気に入りの絵本を持参し、みんなを前にして読んで披露し、感想を述べた後、ちょっと重い内容の講座でした。テーマは「現在の子育て環境」。
佐世保の小六女児の同級生殺害事件など、子どもたちの犯罪の周辺を考えるという授業でした。大きな問題なので、言葉で簡単に話せるものではありませんが、子どもの問題行動を小さなうちに家庭内で適切に対処していなかったのが原因です。対処していれば未然に防げたと思われます。親子の信頼関係って本当に大切です。
絵本『いない いない ばあ』には「別離と再会」、「闇と光」があらわされています。
「いないいない」のあとには必ず「ばあ」が来るのです。それが親子の信頼関係なのです。
絵本をとおして「子どもの環境」というものをあらためて考えさせられています。それは私のライフワークになろうとしている『キレないこども部屋』の原点でもあります。
娘が送ってくれたカーネーション。いつも気にかけてくれてありがとう!
とてもきれいでリビングが一段と明るくなりました。


奈良 下下味亭(かがみてい)〜県立美術館〜チョウタリー (05/04)

近鉄奈良駅から少し歩いた所、県立博物館の前に『下下味亭』があります。おしゃれなカフェで、食事はカレーが数種しかありませんが、その味のおいしいこと!有名料亭で修業したシェフが心を込めて作っています。
私たちはお昼前に着いたのでゆっくりいただくことが出来ましたが、帰りには行列が出来ていました。紅茶もおいしく、私はシナモンティをいただきました。手づくりケーキは素朴な味でこれもおいしいです。
そのあと奈良県立美術館へ『スコットランド国立美術館展』を見に行きました。


スコットランド国立美術館は、古都エディンバラにあり150年を誇る英国屈指の美術館です。選りすぐりの秀作95点が展示されていました。
夕方からは、やはり奈良にある知人のアジアン雑貨のお店『チョウタリー』に行きました。オーナーの邸宅を改装されたお店で、インドネシア、ベトナム、タイ、インド、ネパールなどの家具や小物が所せましと並べてありました。
これはお店の玄関にあがるアプローチ。お庭も手入れが行き届いていてきれいでした。

異国情緒あふれる店内。



どれもオーナー自ら各国に出向いて仕入れされます。お茶をいただきながら珍しいエピソードを話してくださり、いつまでいても飽きないくらい魅力的なお店でした。


Page 78 of 79« First...102030...7576777879

カテゴリー

アーカイブ

ごあいさつ

磯田百合子

磯田百合子
いそだゆりこ

訪問ありがとうございます。インテリアオフィス アトリエ・フランです。壁紙の貼り替えや、オーダーカーテン、床材の張替えなどのプチリフォームと、「快眠インテリア」や、登録商標「キレない子ども部屋」などのセミナー、設計事務所などと組んでのインテリアプラン作りをしています。個別訪問で整理・収納・模様替えアドバイス、その他、個人のインテリア相談も行っています。お気軽にメールにてお問合せ下さい。

アトリエ・フラン /atelier Franc

〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通り3-1-1
KCCビル4階
TEL 078-393-5488
FAX 06-6856-3871
MAIL info@atelier-franc.com