新着情報/アトリエ・フランからのお知らせ

ミンミンさんが手術! (03/31)

ミンミンさんのおしりの辺りに、裂傷をみつけました。

 

 

なんとなく痛がっているようなので、いつもの動物病院に行きました。

 

 

 

 

 

 

お医者さん(裂傷を見て) 「うわぁ~ミンミンちゃん、これは痛いねぇ」

 

 

連れて行った私達に 「もう、ずいぶん前からのはずですよ。かなり重症です」

 

 

ということで、診察の後、あくる日 手術をすることにして 帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

処置したお薬をなめないように、こんなエリマキをつけてくれました。

 

動きにくそうでかわいそう~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ごはんのお茶碗の置き方とかを教えてもらったので、ごはんはちゃんと食べてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、あくる日は、朝から絶食して病院へ。

 

 

全身麻酔するので、心配でした。

 

 

なにしろ高齢なので。 16才ですから。

 

 

朝、病院に行って、「夕方、迎えに来てくださいね」 と言われました。 大丈夫かなぁ~

 

 

 

 

 

 

 

夕方、迎えに行くと、わりあい元気に出てきました!

 

 

ちょっと、顔がこわばってるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとりで手術室に入って、全身麻酔して、よく頑張りました。

 

 

早く、いつものミンミンさんに戻ってね。

 

 

 

 

 

 

 

「術後、1週間後、に出来れば抜糸しましょう」 とのことでしたが、診察後 3日間延期に。

 

 

 

 

 

「なんだ、抜糸はまだかぁ」 って顔してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、大事をとって延期ですよ~。

 

 

 

 

 

 

で、抜糸はいよいよ明日です。

 

 

無事に済みますように。

 

 

 

 

 

 

そのあと、数日してから エリマキもはずせます。

 

 

 これから暖かくなるし、もっともっと元気になりましょうね。

 

 

 

ミンミン、がんばろうね!

 

 

 

 

     *

 

 

 


未生流のいけばな展へ (03/30)

よく行くデパートで 「未生流いけばな展」 が開催中だったので 行ってきました。

 

 

 

 

 

私は、学生時代にお花も習っていて、未生流笹岡という流派の師範代で、

 

信風斎百合甫 しんぷうさいゆりほ といいます。 (なんかパッしない名前ですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品はどれも美しいのですが、いけた人の名前が書かれているのですが、

 

お花の名前がかかれていないで、ちょっと物足りなかったですわ。

 

 

うまく撮れた写真だけ載せていきます。  

 

 

この日が最終日だったので、特に大作で目を見張るような作品の前は人でいっぱい! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういういけばなをすることは、今はほとんど無いですわ。

 

 

 

テーブルコーディネートの時に、食卓にちいさな花を飾るくらいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

若い頃の床の間のいけばな、懐かしいわぁ~。

 

 

 

 

 

        *

 

 

 


お雛さま 片付けなきゃ! (03/29)

 もうすぐ3月も終わりになりますね。

 

 

 

 

母のたっての希望で、3月の初めに母の施設の部屋に、お雛さまを飾りました。

 

 

母から私へ繋いで おひなまつりに飾っていた人形です。

 

 

西本左京というわりあい有名な作家の作品です。

 

 

広い場所がないので、テレビの横の小さなスペースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋がぱあーっと華やかになったので、入ってくるヘルパーさんや看護師さんに、

 

「きれいなお雛さまやね。 飾ってもらって良かったね。」 と

 

何度も言ってもらって、嬉しそうでした。

 

 

 

 

何回も、西本さんにお化粧直しをしてもらったので、お顔は上品できれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう大きいので、運ぶのが大変でしたが、喜んでくれたので良かったです。

 

 

さてさて、4月になる前に片付けなきゃ!

 

 

 

 

 

来年もまた飾りましょうね!

 

ずっと元気でいてね!

 

 

 

 

 

 

 

        *

 

 

 


文楽の世界 襲名披露へ! (03/20)

文楽の義太夫 豊竹英太夫 (トヨタケ ハナブサタユウ) さんが、六代 豊竹呂太夫 (トヨタケ ロタユウ)を襲名されます。

 

で、その襲名を祝う会へ行ってきました。

 

 

 

 

 

ホテル ニューオータニで。  写真は一部NETから。

 

 

 

 

 

 

真ん中が、呂太夫さんご夫妻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい人  約300名  和服の女性が多く、みんな美しい~

 

司会は、お弟子さんでもあるとかで 桂南光さん  やはり、楽しい司会ぶりでした。

 

 

 

 

 

 

 

文楽はけっこう好きです。

 

人形の美しい所作や、太夫と三味線のリズム感がなんとも言えませんわ。

 

 

 

 

 

私は、中学から大学まで演劇部に所属していたので、その10年間に見に行ったお芝居は数知れず。

 

主に見たのは新劇でしたが、歌舞伎、能、仕舞、狂言、文楽 など何でも見に行っていました。

 

 

 

 

 

 

豊竹さんとは、3~4年前 親戚の紹介で出会いました。

 

その際は、国立文楽劇場まで見に行き、舞台裏も見せていただきました。

 

そして、お人形まで触らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽屋や、人形の置いてある所も見せていただき、感激したのを覚えています。

 

 

あと、楽屋で一緒に写真をとっていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その英太夫さんが、六代 呂太夫を襲名されるというのは、TVのニュースで知りました。

 

それで、是非ともお祝いしたいと思って、襲名披露パーティーに出席した次第です。

 

 

 

 

 

 

 

こういう世界の襲名披露に出席するなんて、あまり機会がないので、とてもいい経験になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

呂太夫さんの これからのますますのご活躍を お祈りいたします。

 

 

 

4月の公演のちらし 襲名披露の口上もあります。

 

 

 

 

 

 

        *


東京3日目 東京都庭園美術館 目黒 (02/11)

さて、4日(土) 最終日です。

 

 

気に入っている秋葉原ワシントンホテルのレディースルーム

 

窓からの眺めはこんな感じ  神田川が流れています。

早朝はとてもさわやかです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお部屋をあとにして、向かったのは、目黒の 「東京都庭園美術館」

 

 

 

 

 

 

今まで何回も東京には来ていますが、この美術館はいつも何かの展示をしているわけではかく、

 

今回はやっとタイミングよく、展示中にくることが出来ました。

 

今、開催中の展示が4月に終わると、また11月まで休館になります。

 

 

 

 

 

 

 

広い庭園の中を歩いていくと旧朝香宮邸  庭園美術館が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

玄関に入ると、ルネ・ラリックのガラスレリーフ 4体の女性像が迎えてくれます。

 

これが一番見たかったのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がルネ・ラリックを知ったのは、この香水を海外のおみやげでもらった時。

かれこれ30年くらい前になるかな。

 

 

ニナリッチの 「レールジュタン」 という名前の香水

 

なんて美しいボトルなんだと 感動したのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、この庭園美術館には、大きなルネ・ラリックの作品があると聞いて、

 

いつかぜひ行ってみたいと思っていたのでした。

 

 

 

 

 

 

展示していたのは、七宝の作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな物かと思っていたのですが、どの作品もだいたい20cmくらいの高さでした。

 

小さいけど描かれているのは、とても繊細で美しい花や蝶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう文化って、こういう所から生まれ、職人達が競って腕を磨き、

 

どんどん美しい物が生まれてきたんだなと、じっくり感じることができました。

 

 

 

ここは、展示品も美しかったし、建物も内装も素晴らしい物でした。

 

 

 

 

 

数年前に出来た新館。 白いモダンな建物。 カフェもあって、ゆっくりできます。

 

 

 

 

 

 

そして、昨年の12月からやっと公開された茶室。

 

 

 

 

 

 

広間です。 小間もあるそうですが見ることが出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広い庭園の中にあるので、ほんとうに時間がゆったりと流れます。

 

 

 

 

 

娘とふたりで、穏やかなひとときを過ごしました。

 

 

 

 

 

 

さて、今回の行程はこれまで。

 

お天気にも恵まれ ほんとうにいい旅行でした!

 

 

 

 

また行きたいです。

 

        *

 


東京2日目 テーブルウェアフェスティバル・水道橋 東京ドーム (02/07)

3日(金) 2日目は、水道橋の東京ドームで開催されている 「テーブルウェアフェスティバル」 へ!

 

 

 

 

 

やって来ました。 初めての東京ドーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中はこんな感じで、やはり人がいっぱい!

 

 

 

 

 

 

 

コンセプトは、

 

「食卓を彩るテーブルウェアの新しい提案と、日本の食文化の発展への寄与」

 

 

 

 

北欧コーナーでは、人気デザイナーのテーブルウェア

ビンテージ食器、家具や照明器具なども。

 

 

 

他に、

 

古伊万里鍋島焼、輪島塗

 

ハンドメイドのもの

 

テーブルコーディネートの饗宴、コンテスト

 

色んなセミナーが開催されていて、ゆっくり見ていたら何日もかかりそう・・・

 

 

 

 

これが一番見たかったノーベル賞の晩餐会の際のテーブルコーディネート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは サミットの際のテーブルコーディネート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらもギラギラしていなくて安心しました^^

 

 

 

 

 

北欧コーナーでは・・・あらぁ~ムーミン  可愛い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、雅楽師の東儀秀樹さんのテーブル

 

 

 

 

 

 

これは、女優の余貴美子さんのテーブル

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、さまざまな有名人のテーブルもたくさん展示されていました。

 

 

 

 

食器や小物の展示販売も、もうあふれんばかりのにぎわいでしたわ。

 

私は小物を数種類買いました!

 

あぁ疲れたぁ~   でも大変有意義でした。

 

 

 

 

 

 

 

さて、最終日は目黒です。

 

 

        *


東京1日目 マリーアントワネット展・六本木 (02/06)

2月2~4日、東京へ行ってきました。

 

娘夫婦と会うのと、勉強の準備、見学 + 遊び ^^

 

 

 

 

 

2日(木) 1日目は、六本木の 森アーツセンターギャラリーの

 

「マリーアントワネット展」 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日なのに すごい混んでる。

 

40分並んで、やっと会場に入れました。

 

 

 

ここだけ写真が許可されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説を読みながら、(混みすぎていて読めない所もありましたが)

 

順に進んで、マリーの一生を見ていきました。

 

 

 

 

 

こういう人たちのおかげで、色んな文化が出来てきたんだなと、

 

つくづく思いました。

 

 

 

 

 

 

 

さて、晩ご飯は娘のだんな様もいっしょに、神田の 「藪蕎麦」 へ。

 

 

 

 

 

 

前から一度行ってみたかった、名店です。

 

数年前に火事で焼失し、建て替えられましたが、

 

雰囲気は以前とあまり変わらないそうです。

 

 

 

焼ける前に行きたかったなぁ~

 

 

 

 

2日目は 東京ドームシティの 「テーブルウェアフェスティバル」 へ!

 

後日 書きます。

 

 

 

 

 

        *


今年はこれに取り組んでみます! (01/12)

 

 

 

 

 

 

 

 

1月1日に、京都へ初詣に行った帰りに、「婦人画報」 2月号を買いました。

 

そこで知ったのが、大谷翔平選手の成功の礎にもなった この 「マンダラート」

 

 

 

 

ウィキペディアの言葉を借りると、

 

 

 

マンダラートは発想法の一種。

 

紙などに9つのマスを用意し、それを埋めていくという作業ルールを設けることにより、

 

アイデアを整理・外化し、思考を深めていくことができる。

 

今泉浩晃によって1987年に考案された。

 

 

 

私も、このマンダラートを自分なりに作って書き込み、今年一年 頑張ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

それともう一つ 取り組みたいのが ロコモティブシンドローム予防の体操!

 

ロコモティブシンドロームって、詳しくは知らなかったのですが、

 

あるカルチャーセンターの参加者募集のチラシに載っていたので、

 

ちょっと問い合わせて、知りました。

 

 

 

 

 

ロコモティブシンドローム

 

運動器症候群 運動器の障害により 「要介護になるリスク」 の高い状態になること。

 

 

 

 

 

まだまだ先ですが、予防の体操はやっておこうかなと思いますわ。

 

 

 

 

 

 

 

        *


あけましておめでとうございます! (01/04)

もう4日になってしまいました。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて、久しぶりのブログですわ。

 

昨年の12月の 超忙しかった事柄から、記録として書いておこうと思います。

 

 

 

 

 

12月1・2・3日は 東京へ!

 

娘夫婦に合うのと、仕事の下見と勉強に行きました。

 

 

 

いつもの秋葉原ワシントンホテル。

 

今回はレディースフロアが空いていたので、快適でした!

 

もちろん禁煙で、美容機器なども置いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

1日目の夜は娘と いつもの 「お肉の万世」 でエネルギーを充電!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目からは、デパートや六本木のクリスマスマーケットなどを見学。

 

最終日は秋葉原付近をウロウロ。

 

二人とも少し風邪気味だったので、ゆったりしたスケジュールで楽しみました。

 

 

 

 

 

 

帰ってからは、ふだんの仕事をしながら・・・

 

 

8日 ・ 12日 ・ 15日は 大阪ガスのハグミュージアムでミニセミナーの講師。

 

今回はお料理レッスンの前にするので、会場はお料理教室でした。

 

初めての会場でしたが、いつもどおり話せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3日間のセミナーが終わると なんとなく一段落でしたが、

 

いつもの年末の忙しさがやって来ました。

 

 

 

 

 

ふだんの仕事とか、 お医者さんに行ってお薬をもらったり インフルエンザの接種をしたり、

 

大掃除とか、お歳暮だとか・・・・・

 

 

 

 

 

私にはもう一つ 大きなお仕事があります。

 

それは ウツの母のお見舞い!

 

往復4時間は掛かる所にいるので、一日がかりです。

 

でも今年は仕事を早い目に切り上げ、年末年始は 一日おきに行きました。

 

もう90才なので、体は思うように動きませんが、行くと喜んでくれます。

 

また出来るだけ顔を見せてあげようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日から仕事です。

 

 

 

 

 

みなさま 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

      *

 


美しい名前のお漬物 (11/10)

 少し前の話ですが、京都の錦市場に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さんざん歩き廻って、念願のお漬物屋さんに。

 

錦 高島屋 (この店名は後で知ったのですが)

 

いかにも京都のお漬物屋さんって感じで、好きですわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の人に色々味見をさせてもらって、買ったのが コレ!

 

優雅な名前の 『静紫の浅漬』 シズムラサキと読みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店のちょうちんにも名前が書かれている。

 

いいですねえ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類は大根ですが、細くて緑と紫の色がとてもキレイ。

 

 

すこし辛くて、なんとも言えない上品な風味があります。

 

ひとつ、新しい味を見つけましたわ。

 

 

 

 

私は、「ただ京都が好き」  っていうのもありますが、

 

父が京都の人で、若い頃、折々 京都には連れてきてくれました。

 

美しい名所がいっぱいありますが、美しい食べ物もいっぱいあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数十年前、まだみんながおせち料理を作っていた時代、

 

私はどうしても可愛い 「手まり麩」 を重箱に入れたくて、

 

この錦までわざわざ買いに来ていました。

 

 

手まり麩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では この手まり麩 どこでも手に入りますが、

 

その頃は あまり売っていなくて、師走の忙しい中、

 

ごった返すこの錦市場に、手まり麩だけを求めて、来たのを思い出しますわ^^

 

 

 

重箱の中で、小さくて可愛い手まり麩が 大きな存在感をもって

 

鎮座していましたよ。

 

 

 

 

 

なんかちょっと その頃が懐かしくなった瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

        *


Page 10 of 80« First...89101112...203040...Last »

カテゴリー

アーカイブ

ごあいさつ

磯田百合子

磯田百合子
いそだゆりこ

訪問ありがとうございます。インテリアオフィス アトリエ・フランです。壁紙の貼り替えや、オーダーカーテン、床材の張替えなどのプチリフォームと、「快眠インテリア」や、登録商標「キレない子ども部屋」などのセミナー、設計事務所などと組んでのインテリアプラン作りをしています。個別訪問で整理・収納・模様替えアドバイス、その他、個人のインテリア相談も行っています。お気軽にメールにてお問合せ下さい。

アトリエ・フラン /atelier Franc

〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通り3-1-1
KCCビル4階
TEL 078-393-5488
FAX 06-6856-3871
MAIL info@atelier-franc.com